2010年04月14日

最期まで執筆に意欲=3女でこまつ座社長の麻矢さん−井上ひさしさん死去(時事通信)

 「作品を読んでいただくこと、劇場に足を運んでいただくことが一番幸せだと言って旅立った」−。9日死去した作家井上ひさしさんの3女で劇団こまつ座社長の井上麻矢さん(42)は、11日午前、東京都台東区の事務所で記者会見し、亡父の思い出などを語った。
 井上さんは昨年10月に肺がんが見つかって以来、抗がん剤投与を受けながら次の作品の執筆を準備していた。体力が落ち、呼吸がつらそうだったという。3月半ばに入院、9日朝にいったん帰宅したが、同日夕に容体が急変。「自宅に戻って安心したのか、うとうとしているような感じで、眠るような最期だった」。
 20年来構想を続けてきた「木の上の軍隊」の執筆を治療で延期せざるを得なかったが、昨年完成した戯曲「組曲虐殺」の舞台には満足。「もう『組曲虐殺』が書けたからいいんだよ」と語る一方、広島の被爆者を描いた戯曲「父と暮せば」の続編として「今度は長崎のことを書きたい」と意欲を示していたという。 

【関連ニュース】
〔終戦特集〕太平洋戦争の歴史を振り返る
ヨルダン国王、平和公園を訪問=長崎
10人の原爆症申請却下取り消し=甲状腺機能高進症を初認定
原爆症申請却下を取り消し=長崎入市の女性
原告側4人が上告断念=原爆症愛知訴訟

平沼新党の党名は「たちあがれ日本」(産経新聞)
まるで合コン…首相、夕食会でオバマ隣席を狙う(産経新聞)
どこか違う?「宇宙カボチャ」 初収穫、種は全国の小学校に(産経新聞)
<スギ花粉症>地域差20倍、有病率の最高は山梨の44%(毎日新聞)
【瞬!感】シャボン玉ができるまで(産経新聞)
posted by ハラ コウジ at 10:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。